丸井今井函館店




丸井今井函館店は、 函館市の中心街の1つ、 市電五稜郭公園前電停界隈の本町にある百貨店です。 かつて丸井今井は、 地場百貨店として北海道の各都市に店舗を展開していましたが、 経営環境の悪化などから三越伊勢丹ホールディングスの支援を受け、 地域分社化されました。 現在、 丸井今井は札幌と函館の2店舗となっており、 函館店は2009年より株式会社函館丸井今井によって運営されています。 1892年の函館丸井今井呉服店開業が起こりで、 当時末広町に店舗を据え、 1923年には4階建ての建物で百貨店として営業を開始しています。 1969年に現在の五稜郭地域に移転。 1985年に丸井今井のロゴマークを現在のものに変更しました。 2016年度には80.8億円だった売上高(当時、中合棒二森屋店も営業中)が、 2021年度にはコロナ禍の影響を受け23.4億円と低迷。 行動制限緩和後の巻き返しが急がれます。



市電五稜郭電停側の店舗入り口。 なぜか扉のロゴマークが青くなっている。



電停前交差点の地下歩道からも出入りできる丸井今井函館店。 地階は銘店街のほか北海道名産品も数多く揃えられており、 北海道の百貨店ならではの売場となっている。



1階は婦人雑貨、 コスメなどの百貨店の表玄関の売場が並ぶ。 煌びやかな空間。



紳士服売り場は4階に。 特筆すべきなのか...5階のリビング売り場の一角に仏壇仏具の売場コーナーがあった。



6階の子供服売り場は、 エスカレーターを上がるとワンダーランドな空間に仕上がっていた。 数ある地方百貨店のなかでも、 ここに最初に入った印象は格別であった。







2020年6月の丸井今井函館店外観。 コロナ禍真っただ中の苦境の時期であった。







2006年9月の丸井今井函館店の外観。 この頃は、 確か7階に大食堂が営業しており、 市電1日乗車券を提示するとソーダ水(メロンソーダ)が1本プレゼントされていた。