宇都宮パルコ




宇都宮PARCOは宇都宮市の県庁付近、 オリオンどおりの東端に位置する形となっていました。 1997年3月にオープンした比較的新しい店舗で、 地上10階地階1階の売場には若者向けの衣料品や雑貨、 紀伊国屋書店などが入居し、 上野百貨店閉店後の宇都宮市の繁華街を、 ラパーク長崎屋とともに支えてきました。 しかし、 生活様式の変容などから買い物客の足が徐々に遠のき、 2004年2月期には100億円近くあった売り上げが、 2016年2月期は48億円まで減少。 今後も改善が見込めないことから、 2019年5月31日をもって、 宇都宮パルコは閉店を余儀なくされました。 画像は2008年のものです。



2006年当時の宇都宮パルコ。 神社の階段からその全景を見ることができた。 パルコの存在は街のステータスであったに違いない。



閉店から3年半。 未だに跡地利用のメドがつかない。 裏手の交番だけが稼働しているような感じだった。