長崎屋宇都宮店




2002年に撤退した西武宇都宮店の跡に2003年11月に長崎屋が居抜き出店しました。 地下のフードコート、 1Fの食品売り場、 2~4階の衣料雑貨日用品などの長崎屋フロアのほか、 5~6Fに北関東最大の広さを誇る喜久屋書店と、6Fにスポーツ用品店が入居していました。 また、地下には新たに宇都宮餃子の専門店も営業を開始しました。 画像は2008年撮影。



ラパーク長崎屋の愛称がついたサンバード長崎屋宇都宮店。



2006年当時の長崎屋宇都宮店。







時は流れ、 ドンキ化された長崎屋宇都宮店。 ドンキ化されたのは2010年8月7日とのこと。